1,203 Views

alden others

Aldenレアカラーコードバンの入手方法

更新日:

オールデンのコードバン(Shell Cordovan)と言えば、典型的には、黒か、バーガンディ(Burgundy; Color 8)が浮かびます。底光りするような黒コードバンの輝きや、光があたったときに見せる赤く澄んだバーガンディコードバンの艶は、オールデンファンでなくともひと目で虜にする魔力を持っています。

コードバンの革自体の生産量が減っていると言われて久しいものの、時間をかける(ショップで予約をして入荷を待つ)か、あるいは世界に目を向ける(外国のショップで探す)かをすれば、黒やバーガンディのモデルはまだ見つけられます。しかし、オールデンのコードバンには、黒とバーガンディ以外のいわゆるレアカラーと言われるコードバンが存在します。

オールデンを知り、いろいろと調べるようになると、レアカラーの存在に気づきます。しかし、そんなもの、どこのショップにも売ってません。どうやったら手に入るのか、皆目見当もつきません。1年前の僕はまさにそんな感じでした。それから1年の間、レアカラー探しの旅を続けた僕は、13足のレアカラーを手に入れることができました(そのうちの5足はすでに嫁いでいきましたが)。

オールデンに興味を持ち、レアカラーモデルが欲しいと思われている方も多いのではないかと思います。今回は、そんな方々に、僕の経験をお伝えできればと思います。この世界、猛者はたくさんおられます。そうした方々からすれば、僕の経験など、なんてことはないものかもしれません。しかし、これからレアカラーを探そうとされている方には少しは意味があるのではないでしょうか。今回は写真なしでいきます!

レアカラーコードバンとは

レアカラー、レアカラー、と冒頭から書いてますが、具体的に、レアカラーとはどんな色を指しているのでしょうか。簡単に言えば、黒とバーガンディ以外の色を指します。僕がいまパッと思いつく範囲で列挙すると以下のとおりです。抜けてる色があるかもしれませんがご容赦ください。

  • ウイスキー(Whiskey)
  • ラベロ(Ravello)
  • シガー(Cigar)
  • マホガニー(Mahogany)
  • カラー2(Color 2)
  • カラー4(Color 4)
  • ダークブラウン(Dark Brown)
  • エスプレッソ(Espresso)
  • アマレット(Amaretto)

これらのレアカラーのうち、レアではあるものの(モデルにこだわらなければ)定期的に作られているのがウイスキー、ラベロ、シガーの3色です。その他は、もう作られていなかったり、極めて稀にしか作られなかったりするものであるため、入手可能性は極めて低くなります。

僕の経験上、レアカラーコードバンモデルを入手する方法としては、以下の5つがあります。カッコ内の数字は、僕がこれまでにゲットした13足の購入経路です。

  1. ショップで買う(4)
  2. 中古ショップで買う(1)
  3. オークションサイトで買う(2)
  4. インスタグラムを通じて買う(1)
  5. 知り合いを通じて買う(5)

それぞれ順に詳しく見ていきましょう。

ショップで買う

オールデンショップで正規に買うというのは、一番はじめに思いつく方法だと思います。正規の値段で新品が買えますし、理想的です。でも、これが一番難しい方法です。

まず、レアカラーがそう頻繁に発売されるわけではありません(だからこそレアなんですが)。しかも、発売されるとすぐに売り切れます。ショップや販売方法によっては発売後数時間でなくなります。1週間経っても在庫があることは極めて稀なのではないでしょうか。店頭に並ぶなどということは夢のまた夢です。

また、そもそも発売されても一般には販売されないケースも少なくありません。そのショップのお得意様に個別に連絡がいき、それですべて売れてしまうことになります。そうなると、発売されたこと自体がわからないままで、後になってインスタ等に投稿された写真を見て、「ああ、あのショップが発売してたんだなぁ」と知ることになります。

じゃあ、お得意様になればいいんじゃないの?って思われるかもしれませんが、これまたそう簡単ではありません。オールデンの世界も伏魔殿のようなところで、想像を超えるコレクターがわんさかいます。そうしたコレクターと肩を並べてお得意様になるには、相当な「投資」が必要となります。ましてや複数のショップのお得意様になろうとすると。。。想像するだけで恐ろしい世界に足を踏み入れることになります。(単にたくさん買えばいいというわけでは決してないというところが難しいところです。ショップによっては、レアカラーの話をすること自体を好みませんし。)

それでも希望はあります。海外のいくつかのショップはウェイティングリストを持っています。そのウェイティングリストに載せてもらえば、時間はかかりますが、かなり高い確率で希望のレアカラーモデルがゲットできます。「必ず」ではなく「かなり高い確率で」と書いたのは、ウェイティングリストを持っているショップでも、どこまでそのリストが機能しているのか怪しいと思われるケースを見聞きしたことがあるからです。でも、思いもよらない幸運が訪れることもあります。たとえば、僕は、あるショップのウェイティングリストに載せてもらって2週間後に入荷の連絡をもらったことがあります。まあ、これは例外中の例外ですが。

その他、発売日が事前にわかれば、その当日に朝からショップに行って手に入るというケースもあります。たとえば、昨年クリスマスのレザーソウル(ハワイ)のケースや、今年正月のラコタハウス(東京)のケースがそれです。でも、発売日を事前に知るのも、その当日にショップに行くのも、そう簡単ではないですよね。。。

中古ショップで買う

オールデン専門と言わないまでも、かなりの数のオールデンを扱っている中古ショップがあります。たとえば、シューホリックさんやラストラボさんが有名です。

中古ショップとは言え、未使用品が出ることあるので、こまめにチェックしてれば欲しいモデルが見つかるかもしれません。ただ、自分が欲しいモデルが自分のサイズで出る可能性は決して高くはなく、根気が求められます。

オークションサイトで買う

ヤクオクやら、eBayで探すというのも有力な方法です。中古ショップの場合と同様に、自分の欲しいモデルが自分のサイズで出品されるというのはそうそうないので、根気よく探すことが必要です。

ただ、ヤフオクにしても、eBayにしても、最近価格が上がっているような気がしています。びっくりするような値段で出品されていて、絶対落札されないよなぁと思うものが落札されていたりします。

焦らず気長に探せば、お手頃な値段で見つかることもあります。ただ、そういうのが即決価格で出てて迷っているうちに売れちゃう、ということもありますので、決断力も必要です(何度涙をのんだことか)。

インスタグラムを通じて買う

インスタグラムで探すと、オールデンのレアカラーを売っている人を見つけられます。香港在住の有名な方が何名かいます。発売間もないレアカラーモデルを扱っていることも結構あります。残念ながら、値段は安くはありません。

PayPalでの支払いになり、手数料、送料、関税がかかるので、かなりの値段になりますので、なかなか手が出ません。が、本当に欲しいモデルがあるときは、逃す手はありません。

知り合いを通じて買う

これまでに最も多くのレアカラーモデルをゲットした方法が、知り合いからの紹介です。日本にも、多くのオールデンファンがいます。また、そうしたオールデンファンの方々の間には人的なネットワークがあり、そのうちの猛者は、世界のコレクターとつながっています。

決してレアカラーが目的で近づいたわけではなく、何かのきっかけでお知り合いになり、お付き合いをさせていただく中で、そうした方々から情報をいただいて購入につながったことが少なからずあります。

ここでのポイントは、レアカラーは結果であって、目的ではないということです。当たり前のことですが、オールデンファンの方々は皆さんオールデンを心から愛していらっしゃいます。そうした方々とオールデン話をするのは本当に楽しいひとときです。そのやり取りがあるからこそ、何か情報があったときに回してくれるのです。レアカラー目的で近づいても、相手を不快にするだけで、決していいことはないでしょう。

結局どうすればいいの?

以上でレアカラーコードバンモデルの入手方法を説明してきました。ここまで読んで、「で、結局どうすればレアカラーが手に入るの?」と思われているかもしれません。最後に、僕の経験から、どの方法がよいかを簡単にまとめます。

手っ取り早くレアカラーを入手したいのであれば、中古ショップ、オークション、インスタグラムのいずれかです。どの場合でも値段は安くありません。20万円近くになることもざらですし、モデルによっては25万とか30万近くになるかもしれません。

それでも、オールデンばかりそう何足もは要らない、レアカラー1足あればいい、というのであれば、これら3つの方法が結果的に安くなりますし、時間や労力もかかりません。絶対にこれらの方法のほうがお得です。

一方、レアカラー以外にも欲しいモデルがいろいろあるという方や、(数年単位の)時間がかかってもいいから正規の値段で買いたいという方にはショップからの購入をオススメします。しかし、前述したように、お得意様になるには時間・労力・お金を必要とします。その覚悟をもっておかないと、骨折り損のくたびれもうけになりかねません。また、ウェイティングリストも必ずしも確実とは言えなさそうなのが辛いところです。

オールデン好きの人とつながること自体に魅力を感じるのであれば、「結果として」その人達を通じてレアカラーをゲットする機会も出てくるかもしれません。しかし、レアカラーをゲットすることだけが目的なら、この方法はオススメできません。

僕自身が個人的に魅力を感じているのは、「ショップからの購入」と「知り合いを通じた購入」です。結果的に、数の上でもこの2つの方法がメインになっています。たぶん、オールデンの奥深さを知ってしまうと、自然とこれらの方法に惹かれていきます。皆さんにもぜひショップからレアカラー入荷の連絡が来たときの興奮を味わってみていただきたいと思います。

 

 

このサイトについて

検索

このサイトについて

検索

-alden, others

Copyright© オールデンとともに , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.