926 Views

Wheel Robe

Wheel Robe × #靴縁コラボ:ロゴに込めた思い

更新日:

直近2回にわたり、Wheel Robeの靴や、Wheel Robeと靴縁のスペシャルなコラボに関する記事をアップしてきました。

今回は、その続編として、Wheel Robe × #靴縁スペシャルコラボのロゴについて取り上げたいと思います。

ナオキさんによるデザイン

まずはロゴをあらためて見てみましょう。

前回の記事でも説明しましたが、このロゴをデザインしたのは、Hongさん(インスタID: hong_884)やヤブさん(インスタID: yav13030)と#靴縁で繋がっているナオキさん(インスタID: naoki__o24)です。

このロゴ、単純にデザインとしてカッコよくて、Wheel Robeのロゴと並置されると見映えしますし、抜群のスペシャル感を生み出してます。

でも、デザインとして優れているだけじゃないんです。当然のことながら、そこには今回の企画、つまり「#靴縁」に対する熱い想いが込められています。

ロゴに込められた思い

ロゴに込められた思いについては以下のように説明されています。

ー靴縁ロゴに込めた想いー
ロゴマークの外周を囲っている太い輪。
これは靴縁により繋がることで築かれた
強く信頼された絆を表します。
内側に描かれた2つの半円は
これから靴を通して人と縁を作り出す
靴縁に触れる以前を表します。
靴縁により内側の細い未完成の半円が、
やがて外側の輪のようにひとつになり
太く強い絆となる。
そんな想いが込められています。

ここでは2つの輪に言及されています。

外側の太い線の完全輪は、人と人が靴縁で深く強く繋がっていることを表しています。

内側に描かれている2つの半円は、これから靴縁を結ぼうとして長く太くなりつつあります。

この半円もいずれは外の円と融合し、より強固な靴縁を形づくることにとなるでしょうし、また新たな半円が生まれ、成長していくことでしょう。

そんな靴縁のダイナミックな展開をこのロゴはなんと的確に表していることでしょう。

デザインに疎い僕に偉そうなことを言われたくはないでしょうが、そんな素人の僕にさえ、このロゴに込められた想いはストレートに伝わってきます。

最後に、この色にもこだわりが感じられます。これ、日本を代表する色として藍色が採用されています。また、今回の企画にかかわっている方々が皆さんデニム好きということも藍色を選んだ一因となっているようです。

Ties by Shoes

ロゴをよく見ると、その下部に “Ties by Shoes” の英語が入っていることに気づかれると思います。

これ、靴縁を英語で表わそうとしたもので、くつひこさん(インスタID: kutsuhiko9)の発案によるものです。

靴を通じての(by Shoes)人と人との繋がり(縁)(Ties)を意味しています。

「靴を通じて生まれた縁」、「靴に結ばれた縁」(靴紐にもかけて)。

素敵な表現ですね。

このロゴ、ステッカーにもなります!

前回の記事で、付属品のことを説明しました。馬ブラシ、靴クリーム、コードバインダーの3つです。

それに加えて、さらなる付属品があることが先ほどのインスタライブで発表されました。

このロゴのステッカーを作るそうです。ステッカーのデザインは全6種類。

そのうちのランダムに選ばれた2種類が同封されるそうです。

ステッカーのイメージについては、靴アホリックさんのブログをご覧ください。

丸いのや四角いのがあるのですが、個人的には大きい丸型のが欲しいです。

もしこれが貰えたら、自分のグローブ・トロッターに貼って世界を飛び回り「靴縁」を宣伝します。

まだ見ぬスペシャル靴に対する思い

こうしてロゴの意味がわかってくると、これからオーダーする靴への想いがさらに高まってきます。

まだ実物を見てもいないのに、すでに愛着すら感じます(笑)。

9月に届くこの靴のことを思えば、今の自粛にも耐えられそうです。

どれにするかはまだ決められていないのですが。。。

(今朝の時点では、黒のキャップトゥと茶のモックトゥの2足と思っていたのですが、今はキャップトゥもモックトゥも茶色がいいような気がしています。笑)

-Wheel Robe

Copyright© オールデンとともに , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.